午前
午後

午前9:00〜12:00/午後14:00〜18:00

【受付時間】午前11:30/午後17:30迄


休診:木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

整形外科・リハビリテーション科
リウマチ科

〒939-8055 富山県富山市下堀10-3
TEL:076-423-5580

大町南部口バス停 徒歩約2分
お車の方は看板を目印にお越しください

病院検索ホスピタ 羽柴整形外科掲載ぺージ

骨密度測定

骨密度測定装置

骨密度測定

当医院では、低レベルの放射線量で迅速かつ高精度な測定ができる「骨密度測定機(DCS-600EXV)」を用いています。
胸部一般撮影の放射線1/10極めて少ないX線で痛みもなく測定、装置本体の中に腕を入れて約15秒間でスピーディに骨密度(骨の強さ)を測定する検査機器です。
骨粗しょう症検査の案内はこちら。

pagetop

動脈硬化および動脈閉塞検査

PWV/ABI検査による閉塞性動脈硬化症の早期診断検査

下肢が冷たかったり、歩行時にふくらはぎの痛みやしびれを感じるたりする症状の原因となる閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化による下肢動脈の狭窄によって血流障害をきたす病気で、喫煙者、糖尿病や透析患者さんに多く、また、心臓や脳血管の動脈硬化を合併することが多い病気です。この病気を早期に診断する足関節上腕血圧比(Ankle brachial index:ABI)は、上下肢の血圧を同時測定するという患者さんの負担が少ない検査で、0.9未満が異常値と判断されます。症状のよく似た腰部脊柱管 狭窄症の鑑別にも有効です。また、同時に動脈硬化度の指標である脈波伝達速度(Pulse Wave Velocity:PWV)も測定可能です。思い当たる症状をお持ちの方はご相談ください。

pagetop

外科用X線テレビシステム

レントゲン透視装置(C-arm)

レントゲン透視装置(C-arm)

当医院ではCアームX線透視装置を配備しています。骨折の整復の確認や、靭帯損傷による関節の不安定性の評価、体の深部にある関節内への注射への利用など、広範囲で診療をサポートするためのツールとして利用しています。

pagetop

高画質 オープン型MRI

MRI検査

MRI

放射線ではなく「磁石を使った断層撮影」なので人体に対し無侵襲で苦痛も少なく、安全な検査です。
また、全身のあらゆる方向の断層像が撮影できます。血管像も撮影できます。
ベッドの両側が320度開いたワイドオープン型のシステムなので圧迫感・閉塞感が少なく、小児やご高齢の方でも安心して検査が受けられます。